東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2021/08/25 痛くなってからだと、治すのが大変な歯

 歯は、痛くなったり、あっちょっと痛いかなとか、少しだけ痛いけどまあそのうちいつものようにほっとけば、痛いのも治まる、など、など、あれこれ考えて、結局、歯医者さんに行くのを後回しにすれば、するほど歯の病気の深刻差は増していくのです。もう、昨日の夜から一睡もできないほどに、歯が痛くてしょうがないから、今日、やっと、歯医者に来ました。なんて患者さんの場合は、歯はとんでもない状態になっている事がほとんどなんです。ですから、冷たいものを食べた時に、ちょっとだけ歯がしみる、硬いものを噛んだときにちょっとだけ痛い、奥歯はぐきがちょっとだけ膨らんでいる、とかきずいたら直ぐに歯医者さんに来て頂きたいです。早ければ早いほどに、治療も簡単ですし、患者さんも治療される時に痛い思いをしなくてすむのですから。歯の治療は、かなりな痛みを伴う状態になってからでは、麻酔もきかないので歯を治すのも難しくなるのです。考えてみて下さい、麻酔も効かない状態で、とっても痛い歯を削る事になるなんて。最悪です、歯は脳に凄く、近いので痛みもダイレクトに伝わって来るのです。歯の痛みは、最初は、ほっといてもそのうち消えてしまいます、でも、それは、治ったのではなくて、ただ、単に、痛みが消えただけなんです、その痛みは、何度も、繰り返し、少しずつ、重症になり、痛みは強くなり、痛みの続く時間もながくなるんです、ですから、ほっとかないで、早いうちに治しましょう。虫歯が深刻な状態になる前に、気楽な気持ちで、とりあえずは歯をみてもらおう。というのが大事なんです。#久米川歯医者#こにし歯科#東村山歯医者#こにし歯科