東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2017/08/05ご存知ですか?日本の歯の現状①

こんにちは。

東村山久米川の駅2分の所にあります、開業25年の歯科

「こにし歯科医院」のブログへようこそいらっしゃいました。

 

歯科医師の配布される小冊子の中に

「予防歯科ガイド」というものがあります。

そこにとても興味深い内容がありました。

 

 2016年発表によりますと、年代別虫歯の保有割合が次ような

割合である事がわかりました。

幼稚園児 36%  未処置21%

小学生 50% 未処置 25%

中学生 40% 未処置 18%

高校生 52% 未処置 22%

虫歯でありながらその半数以上が未処置であるというのです。

 

 さらに歯周炎を起こしている中学生が60%もいるという現状。

 

大人ではこの虫歯に歯周病なども加わってきますので、

もっと多くの方がお口に問題を抱えたままというのが

現場です。

 

 虫歯は一度かかると、詰めたり、被せたりの治療は出来ますが、

元に戻す事は無理なので、歯こそ予防が重要になることが

重要である事がお分かりですよね!

***************************

 日本は世界トップレベルの長寿の国ですね。

歯も8020運動が盛んに謳われています。

80歳になっても自分の健康な歯を20本残そうという意味ですね。

現在は30%の80歳が20本の歯を残しています。

歯の予防を歯科医院で行っている結果と言えます。

****************************

 しかし、80歳の方の男女平均残存歯数はまだ12本というのが現状です。これは極端に低いのです。

 

 80歳で平均残存歯20本のスウエーデン17本のアメリカ。

スウエーデンもアメリカも予防健診にとても積極的です。

 

 *予防の為の定期健診率を世界と比較すると・・・

スウエーデン 82%

アメリカ 67%

日本 2%~15%

と極端に低い受診率を示しているのです。

 

 「こにし歯科医院」では歯の健康に積極的な患者さんが

多くいらっしゃいます。1週間に1回必ず通われている患者さんも

2週間に1回決まった日時に予約をしていらっしゃる患者さんも。

月に1回、3か月に1回、定期的にいらっしゃる患者さんも多いのです

 

 定期的に通われて歯のクリーニング、健診をする患者さん程

歯の健康を維持していらっしゃいます。

これは歯科医師としてとても嬉しい事なのです。

 

 「こにし歯科医院」は歯の健康を、歯を大切にしたい

患者さんをいつでもお待ちしていますよ!