東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2022/11/30医療機器 レントゲン ④

4. レントゲン撮影の被曝量は人体には問題ない?

歯科など医療用のレントゲン撮影で用いられているX線と呼ばれる放射線は、レントゲン撮影以外でも、日常生活の中で私たちは体に浴びています。それぞれの放射線の量を比較してみましょう。

【人間が年間で自然界から浴びる放射線被曝量】

平均約1.5~2.4ミリシーベルト

【飛行機で東京—ニューヨーク間を往復した場合】

0.2ミリシーベルト

【胃のX線精密検査】

0.6ミリシーベルト

【胸部のX線集団検診】

0.05ミリシーベルト

【歯科のレントゲン写真を1枚撮って浴びる放射線量】

パノラマ:0.03ミリシーベルト

デンタル:0.01ミリシーベルト

歯科用CT:0.1ミリシーベルト

年間に私たちが自然界から浴びる放射線量に比べ、歯科のレントゲン撮影の放射線量は100分の1程と、とても微量です。歯科のレントゲン撮影での放射線量が、いかに少ないかということがわかります。その為、歯科のレントゲン撮影での被曝量は、人体に問題を起こすレベルではないと言えます。

※東京歯科医師会から引用