東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2022/11/18医療機器 レントゲン ②

2. レントゲン写真の種類と目的

2−1. パノラマ

全ての歯を中心に、顎の全体を一度に撮影するものです。一枚の写真で歯の状態や、上下の顎の骨や顎の関節など、全体を大まかに把握することができます。

このレントゲン写真によって、今までどのような治療がされてきたのか、大きな虫歯は無いか、痛みはないが悪くなっていることころはないか、顎の関節に異常はないか、親知らずの有無や生え方、鼻の横にある上顎洞の異常の有無など、お口全体の様々な情報を得ることができます。これによって治療を開始する前に、大切な診断をすることができます。また歯周病は本人も気付きにくく、気が付くと進行していることがあります。歯周病の治療をする際も、レントゲン写真で歯を支える骨がどのくらいあるかを確認することが、とても重要となります。

このようにお口全体を撮影するパノラマレントゲン写真は、自覚症状や外から見ただけでは確認できない情報を、豊富に写し出してくれます。治療を始める前の検査や診断には、とても重要なものです。またお口の中の状態は年月と共に少しずつ変わっていく為、1年に1度程度はこのパノラマレントゲン写真を撮影し、定期的に悪い所がないのか検診を行うことをおすすめします。

2−2. デンタル

ある特定の部位を、パノラマよりも精密に撮影する時に用いるレントゲン写真です。お口の中に小さなフィルムを入れ、外側からX線を当てて撮影を行います。1枚で2~3本の歯の状態を、詳しく知ることができます。特定の歯の虫歯の有無や、虫歯の大きさの確認、歯の根っこの周りが悪くなっていないか、折れていないか、歯を支える骨の状態を確認する場合に撮影を行います。また歯の神経を取ったり、感染した根っこの治療を行う際には、直接外から見えない所の治療を行う為、治療器具が根の先まで届いているのか、お薬が根の先までしっかり詰まっているか、根の先の炎症はどの程度かを、治療の各ステップ毎にレントゲン撮影を行って確認します。その為、適切な治療を行うために一日に数回デンタル撮影を行うことがあります。

パノラマやデンタルは、二次元的(平面的)にしかお口の中の状態を見ることができませんが、CTは三次元的(立体的)に見ることができます。

CTについては、次回、詳しく説明していきます。