東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2022/04/11やったー完全試合

 4月10日、日曜日、ロッテの佐々木朗希投手がオリックス戦で史上16人目の完全試合を達成した。巨人の槇原寛己以来28年ぶりで21世紀に入ってからは初めて。20歳5か月は史上最年少となった。13者連続奪三振のプロ野球新記録も樹立し、95年のオリックス、野田浩司に並ぶ一試合最多の19奪三振。まさに、令和の怪物が記録ずくめの偉業を達成した。165キロのスピンのきいたストレートと155キロの切れのいいフォーク。こんなボール投げられてはどんな打者だって当てることさえ難しく、ジャストミートなんてありえそうにない。彼はまだ20歳、プロに入って3年。これからどんなに成長していくのか凄く楽しみだ。くれぐれも大リーグにはいかないで欲しい。しかしながら、プロ14試合目で完全試合するなんてなんて才能のある選手なんだろうか。彼がまだ高校3年の時に全日本の高校選抜メンバーに選ばれて、同じく高校生のアメリカ、韓国、台湾などと試合する大会かあったが、彼は試合出場を断念したことを覚えている。夏の甲子園で投げた彼はまだ体力や肘などの疲労が回復してないと彼の高校の監督から投球を止められたのだ。私は当時はなんだ、今投げないでいつ投げるんだ。と勝手に憤慨したものだが、今思えば当時の監督の判断が正しかった。それだけ成長期に無理して投げさせないことが良かったんだと。昨日の彼はまだやっとプロ野球選手として歩み始めたばかり、それなのに彼の才能の豊かさで他を圧倒していたのだ。これから段階を踏んでますます成長していけば昨日の記録もどんどん塗り替えるでしょう。頑張れ佐々木投手、決して無理せずゆったり成長しよう。##こにし歯科##完全試合##こにし歯科###久米川歯医者##こにし歯科##東村山歯科医院###こにし歯科