東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2022/02/144Aクアトロアクセル

 冬のオリンピックにおいて、2大会連続金メダル獲得した羽生ゆずる選手。今大会では、なんとフィギュアスケート男子ショートプログラムにおいては、95、15点で8位スタートとなる全く不本意な結果となった。冒頭の4回転サルコーの回転が、ぬけるミスで0点となり、SP1位だった過去2大会に続く好発進はならず。首位とは18、82点の大差がついた。天とちとを舞うフリーでは最大の野望である世界初のクワッドアクセル、4回転半成功を目指しました。彼はショートの演技を終えたあと、これは五輪の神様が与えた試練なのか。演技後の羽生は、悔しそうにミスの出たジャンプの踏み切り位置をのぞきこんだ。あきらめがつかず、4方向へれいをしたあとにもう一度、確認。まじか、はまった。とつぶやいた。過去2大会スタートダッシュを決めた王者が。8位での折り返し。フリー最終組となる6位以内を逃すのは、個人戦に限れば13年3月の世界選手権以来でした。冒頭でアクシデントに見舞われた。予定していた4回転サルコーは、踏み切ったあと、からだの回転をほどき、まさかの1回転。完璧なフォームで完璧なタイミングでいったら、トージャンプの穴だった。頭が、からだのことを防衛してしまった。19年世界選手権でも失敗が出た鬼門のジャンプ。当時は自らが直前の6分間練習でとんだあとにはまった、その反省を生かし、6分間練習で飛ぶ位置をずらしたが、それでも穴があった。出来映え点を含めて13から14点だいが見込める技がショートプログラムの必須要素満たせずに0点。嫌われることしたかなあ、氷に嫌われちゃったな。と首をかしげた。優雅にまったピアノ曲、序奏とロンド、カプリチオーソ。1つのミスが際立つのは、他の要素が、完璧だったから。羽生選手は1つとして悔いる必要なし、私たちは貴方を誇りに思います。#久米川歯医者#こにし歯科#東村山歯医者#こにし歯科#オリンピック大好き#こにし歯科