東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2021/11/11ことものときは野菜大嫌い

  思えば、子どものときは、嫌いな食べものが多かったと記憶にあります。まずは、野菜などは青虫が食べるもの、菜っ葉大嫌い、といいはなって済ませていました。納豆などは見るのもいや、魚なんて気持ち悪い。白米と肉さえあれば、ほかにはなんにもいらない。こんな、食生活は30さいくらいまでやってました。   そんなときに、不思議に思いいろいろ調べてみてなるほどと反省させられて、野菜などの嫌いな食べ物も食べるようになったこと、それは、肉食動物は、なぜ、植物を食べていないのに健康なの!という、疑問で調べて納得しました。   肉だけ食べていたのでは栄養バランスが崩れ、健康によくないことはもはや常識。ところが、ライオンやトラなどの肉食動物は、肉しか食べないのに平気で生きています。これは何か、彼らのからだに特別な仕組みでもあるからなのでしょうか。違います。彼らもきちんと、必要なだけの植物を食べているからなんです。   彼らがどういうものを食べているか、よく考えてみると、例外なく、草食動物です。と言えば、もうお分かりでしょう。   草食動物はその胃に、食べた植物をいっぱい詰め込んでいます。肉食動物は、肉と一緒にそれらの植物も食べているわけです。   イギリスはある栄養学者がアフリカで肉食動物の食生活を観察したところ、彼らはどれも、草食動物を襲って殺すと、真っ先に腸や胃をかきやぶり、中に詰まった消化しかかった草に食らいついていたそうです。   肉食動物、肉食動物と言っても彼らはきちんと野菜も食べていたんですね。こんな、肉食動物の食生活を知ったら私も野菜を食べて納豆も食べるようになったと言うわけなんです。要は、食生活の改善のきっかけが欲しかっただけかもしれませんが、どんなささいなことでも、それを改善しようとしたらきっかけが大切です。   #久米川歯医者#こにし歯科#東村山歯医者#こにし歯科