東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2021/06/08歯科の麻酔とワクチン注射

 最近のワクチン接種の際の注射は筋肉注射であり、歯科で主に行われているのは浸潤麻酔と言って、口のなかの歯肉に注射してそこから徐々に薬液を行き渡らせる麻酔方法です。理論的に考えれば浸潤麻酔の方が筋肉注射に比べてはるかにリスクが高くて、皮膚に針を刺す際の痛みも強いはずです、と同時にアナフィラキシーショックやアレルギー反応等の副反応も浸潤麻酔の方が現れる確率が高い様に思います。なのに、何を今さら研修を受けテストを受けて果ては実地訓練も受けなくては注射する立場になれない。何だか色んな意味で今回はこのコロナウイルス感染症で浮き彫りにされた感がします、もちろん日本の皆保険制度は素晴らしいですがこれを機会に色んな改革をする必要が出て来た事は痛感させられました。今日は歯医者さんに行って歯の治療するついでにワクチンの接種もついでにしてもらってくる、と言う時がくればどんなに便利でしょう。そんな事を考えている歯科医師会です。#久米川#歯医者#こにし歯科#東村山#歯医者