東村山市の歯医者「痛くない、怖くない」がモットーの「こにし歯科医院」の最新情報

こにし歯科医院のブログ

2021/05/13入れ歯ってどんなのがある?

 入れ歯、先ずは保険がきく入れ歯と保険がきかない入れ歯に大きく分ける事ができます。  此処では保険がきく入れ歯についてお話ししましょう。保険がきく入れ歯には大きく分けてしまえば2つあります。昔からあるレジん床についてですがこれは本当に昔ながらの入れ歯であり、全く普通の入れ歯ですね、割れやすいし、見た目、色目とか良くなく食事の際にも味覚の感覚が鈍いですね、勿論、熱の伝導性にも欠けます。利点としては作成するのが短期間で出来る事ですね。それに比べて比較的に新しく保険のきく入れ歯として認められて来たのがスルフォン床です。この入れ歯を作成するには特別な機材や歯科材料等を必要とするために安易には歯医者さんも作る事が出来ないのです。つまりはスルフォン床を患者さんの治療に導入するにはある程度の投資が必要だからです。しかし、このスルフォン床は丈夫で硬くて熱の伝導性にも従来のレジン床に比べたら優れています。あと、味覚を感じるにも勝っています。しかしながら当然、決定もあります、それは作成するには熟練した技術と期間も長くかり、レジン床に比べて金額が1割程度高くなります。こにし歯科医院では、これ等の事を踏まえた上でいち早くスルフォン床に取り組んできました。ですから、今では自信を持って患者さんにも進めています。